トップへ戻る

売上をアップするホームページの作り方

ホームページで売上がアップしています

売上をアップするホームページの作り方

 

 

--目次--

 

 

 

だまっていてもホームページから売上が上がってくる

 

 

ホームページは何のために作りますか?

 

ホームページは何のために作りますか

 

 

「もちろん売上を上げるためです」と誰もが言うでしょう。

 

私も自分の会社のホームページを立ち上げたときには「これで問い合わせも増えるだろう」とワクワクしたものです。

 

ですがしばらく経っても問い合わせがとくに増えるということはなく、そこから迷走が始まったと記憶しています。

 

まず最初に「きっと見た目のデザインが良くないせいだ」と思い、かっこいいテンプレートを探し回り、カスタマイズにも挑戦したものです。
ですが問い合わせが増えるということはありませんでした。

 

それから記事数も100から200まで増やしたのですがそれでも変化は見られません。

 

 

 

 

試行錯誤の繰り返し

 

ページデザインから記事の書き方まで何でも試したのですがいっこうにホームページから目立った売上を上げることはできませんでした。
その期間は3年ほどとなっていました。

 

ちなみにその間にホームページ作成ソフトも手に入れ、何ページも運用するようになっていました。
そしてブログも書き続け、アクセス数も伸ばしてきました。

 

それでも効果を実感するまでには行かなかったのです。

 

 

 

 

 

原因は無料にこだわりばらばらな知識を寄せ集めたから

 

時間を無駄にした

 

ここまで頑張っても効果が思ったように出せなかったことについて思い当たることがありました。
それは無料にこだわり、ばらばらな知識を寄せ集めていたということです。
つまり自分がどの段階まで進んでいるか、そしてその時にしなくてはならないことの順番がばらばらになっていたからだと思ったのです。

 

そのことを認識するには充分すぎる時間(約3年間)を費やしていました。

 

 

 

 

思い余って塾(スクール)に入ることを決意した

 

無料にこだわったのには理由がありました。
それは今でもよく見られる、「高額塾に騙されないように」という言葉です。

 

それにどんな知識でもWEB上から拾えると思ったからです。
ですがさきほど言ったように充分すぎる情報をかき集めて3年間も実践していたのに効果を出せなかったからです。

 

 

 

 

パートナーに相談して許しを得ることに

 

インターネットの塾は今でも30万円もするものです。それも確実に再現性のあるものならば自動車教習所に行ったと思えば納得がいくのですが、何せ詐欺商材かも知れないというのですから、いちかばちかの挑戦に30万円も払うということに反対されるのがわかっていましたから許しが出るものとは思っていませんでした。

 

それでも構わないと思って頼み込んだらパートナーから意外な言葉が返ってきたのです。
それは「あなたが一生懸命に取り組んでいる姿を見ているから、失敗しても挑戦していいよ」という言葉でした。その時の驚きと感謝の気持ちは今でも忘れません。
それからすぐに入熟してカリキュラムに取り組み始めました。

 

 

塾

 

 

 

目からウロコの連続

 

驚き

 

カリキュラムに入ってすぐに自分がいかにマーケティングの知識と意識が足りないかを思いしることになったのです。まさに目からウロコとはこのことです。
その時に周りの評判に惑わされて一歩を踏み出せなかった3年間に対し、ずいぶんと遠回りをしたと悔やんだものです。

 

成功の反対語は失敗だと思っていましたが、そうではありません。
何もしないことです。確かに何もしなければ失敗もしません。
ですが3年間も無駄にしてしまったということこそが最大の失敗だったということです。
根拠のない評判にビクビクして一歩を踏み出せなかった。そんな自分に恥じる気持ちでいっぱいになったのです。

 

 

 

 

3ヶ月目に初報酬が出た

 

報酬

 

この時に参加した塾は徹底したサポートが売りで、今自分がどの段階でつまづいているかを知ることができ、アドバイスも常にしてもらえるというマンツーマン体制を敷いていましたので、迷うことなく指示通りにマニュアルをこなしていったところ、入塾した際に言われていた「3ヶ月間に初報酬を上げることができるようになります」の言葉通りに3ヶ月目に初報酬を上げることができたのです。

 

その時に、迷走していた3年間はなんだったんだという思いと、正しいマニュアルをこなすことでたった3ヶ月で結果が出せたことの喜びの感情が交差して何とも言えない気持ちになったことを思い出します。

 

 

 

 

チャンスに後ろ髪はない

 

この塾で初報酬を上げることができたことで大げさではなく将来が開けることを確信することができました。でもその塾はもう参加者を集めてはいません。
参加を決意するまでの一週間で募集を締め切ったからです。

 

この時にもし参加していなかったら、今、WEBを仕事に生かせてはいなかったはずです。

 

 

 

 

 

当たり外れがあるネットビジネス

 

はじめに参加した塾で気をよくした自分はほかのスクールや塾にも目が行くようになっていました。
新しい世界を覗いてみたいという気持ちからですが、このネットビジネス業界には当たり外れがあるということを身で知る結果となりました。

 

ここでハズレだと思った塾やスクールなどの話は手短にしようと思いますが、煽りに煽られて入ったものの再現性が高い低いというより一円すら稼げないというものもありました。当然弁護士にも相談しています。

 

ここで痛感したことは、ネット(WEB)稼ぎたいという弱みにつけこむ詐欺商材があまりにも多いため友人にはとても紹介できるものではないということです。

 

確かに参加しなくてはノウハウを得ることはできませんが、かといって安全ではないものを紹介することはできません。

 

短期間で募集を締切るのも摘発逃れかと思うようになるものです。
ですから今では参加したスクールや塾の情報や、サポートの問い合わせ内容など保存できるものはすべて残すようにしています。

 

 

ちなみに
参加した塾やスクールは大きいもので4つ。
その中で元が取れたものは2つ。
将来的に元がとれるのは間違いないというものが一つ。
まるで嘘、誠意のかけらもなくサポートもいい加減で訴訟の準備中なもの一つ。
というところです。

 

参加費はゆうに100万円を超えています。

 

 

報酬

 

 

薬事法では逮捕されるレベル

 

大げさな表現で逮捕までされる薬事法は人命にかかわる意味で納得がいくものですが、このネットビジネス業界も人の弱みにつけこみ、命の次に大切なお金を失わせてしまっているということを考えれば逮捕レベルだと思っています。それほど誇大表現と再現性の低さが目立っているからです。
それでもこんなインチキ商材があとを立たない理由は、WEBマーケティングで使われるプロダクトローンチという手法があるからです。

 

 

 

正しい意識で使わなくてはいけないプロダクトローンチ

 

WEBの初心者やマーケティングの知識がない方にはプロダクトローンチという言葉の意味が理解できないと思います。

 

これこそが言い方を変えればWEBを使った洗脳技術なのです。

 

その洗脳技術の中に、価格と価値は比例するという思い込みを利用する方法や売上を確実なものにするには販売期日を決めるというやり方があるのです。

 

ほかにも仕掛ける側はABテスト(比較テスト)をして販売ページ(ランデイングページ)を心理学に基づいて製作をプロに委託しているのですからWEBの初心者でなくとも引っかかってしまうものです。

 

ボタンの色やテキストの色の違いでクリック率が変わったり相手に与える印象までも変わるというテスト結果でさえ承知の上で作っているのです。
ですから無防備にランディングページを見た方は心理を操られそうになるほどのものですので知っておいたほうが良いでしょう。

 

ですから今ではそういうプロダクトローンチを見るに付け段階的に届けられるメール(セールスレター)を読んで最終的に届く価格の想像もできてしまうようになり、予想が大きく外れることもありません。

 

 

 

 

販売力を付けるには正しいアフィリエイト手法を学ぶこと

 

アフィリエイトという言葉は今では知らない人がいないほど世間に認知されていますが、アフィリエイトには二つあるということはあまり知られてはいません。

 

一つは他社の商品を紹介して報酬を貰うものです。
もう一つは自社の製品を紹介するというものです。

 

「自社の商品ならもうWEBで販売しているよ」と言われそうですが、正しくはアフィリエイトの手法で自社の商品を販売するということです。
これによりレバレッジ(テコの原理)が効き、販売が拡大します。

 

 

 

 

どの手法を選んだら良いかがわからない

 

さらにアフィリエイトの手法(ノウハウ)はピンからキリほどあり、何から手をつけて良いかもわからないのが正直なところです。

 

冷静に見てもやはり根拠が薄いもの、成果画面だけを載せて煽っているものが多すぎて信用するまでに至らないのです。

 

 

 

 

正確な実証根拠を載せるべき

 

アフィリエイトの手法(ノウハウ)を目にするたびに、その実証根拠の薄さに信ぴょう性を感じなくなっていたのですが。

 

あるWEBマーケティングの教材を見て、これは信ずるに値する実証のデータ(根拠)だと思いました。

 

 

 

 

もしこの教材を先に手に入れられていたら

 

ステップ

 

ここから先は深く話しません。もし3年前にこの教材を知ることができていたなら100万円は使わずに済んだということを確信したからです。

 

そしてこれならWEBマーケットの参考書として友人にも紹介できるからです。

 

 

この先はご自身の目で確かめてください。

 

 

 

 

ホームページの作り方

 

売上をアップするホームページの作り方

 

 

 

 

追伸:一年後が見えていますか?

 

AIが登場してまだ間がないにも関わらず社会情勢は大きく変わりました。

 

エリート社員が失業する時代となっているのです。
今まで積み上げたキャリアがいともかんたんにAIにとって変わられているのです。
そうこれからもです。

 

今は副業が認められはじめていますが、すでに時遅しと自分は感じているくらいです。

 

人の評判ほどあてにならないものはありません。
自分がどうなりたいのか、そしてどう行動するかに焦点を当て、行動する以外に一年後が変わるということは絶対にありません。

 

そう、私が3年間も無駄足を踏んだように。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

未来

 

 

 

 

ホームページの作り方

 

売上をアップするホームページの作り方

 

 

ネットで起業する際に必要なことがすべて学べる完全マニュアル

 

アフィリエイトは科学【社外秘マニュアル公開】

 

 



売上をアップするホームページの作り方 ネット起業完全マニュアル アフィリエイト開業マニュアル